技術の歴史

技術の歴史

初代社長・菊池 達三郎、富士バルブ(株)※現フジオーゼックス(株)より特殊エンジンバルブ加工のため
東京都大田区糀谷に創業

川崎区日ノ出に移転、株式会社日の出製作所を設立

市販用小型エンジンバルブ全加工開始

中型・特殊エンジンバルブ全加工開始

ナックルフランジ(重要保安部品)・アジャストスクリュー受注

船舶用エンジンバルブ加工ライン、富士バルブ(株)より移設加工開始

全自動ライン用エンジンバルブ(10万本/月)をフジオーゼックス(株)より受注

ボールねじ・直動ガイド等、加工開始

ISO9001:2000 認証取得

水素自動車エンジン部品の加工(武蔵工業大学)

自社製品 高精度総削り出しパター「スタッグビートル」川崎ものづくりブランドに認定
商品名「鳴」(めい)として伊勢丹新宿本店メンズ館にて販売開始

かわさきマイスター(難切削特殊加工)鈴木 貞吉 認定

かわさきマイスター(ものづくり多能工)野浦 惣一 認定

ロボットストラップ「ROBOROBO」第1回神奈川なでしこブランドに認定

ものづくり多能工

準備中です

バルブ加工

準備中です